ニュース詳細

トップ > ニュース一覧 > 【試合結果】清水建設とのプレシーズンマッチは、22-40で敗戦。

【試合結果】清水建設とのプレシーズンマッチは、22-40で敗戦。

  • 試合結果
8月14日(日)、秋田市のドリームプロジェクト・スペースフィールドで行われた清水建設ブルーシャークスとの一戦は、22-40(前半8-35)で敗戦となりました。 秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は、前半開始3分にトライを許すと、7分、10分と立て続けに3本のトライ(いずれもゴール成功)を奪われ苦しい展開となる。秋田NBはその後15分、相手陣22m左のラインアウトから右に展開、最後は⑬ノックスがトライし(ゴール失敗)5-21とする。 ここから追い上げに転じたい秋田NBだったが、ノッコンやラインアウトでのミスが目立ち中々リズムに乗れない。21分には自陣トライラインを背負いながらの防御が続く苦しい展開の中、ブルーシャークスが秋田NBのDFラインの背後へゴロパント。これをインゴールで押さえられトライ(ゴール成功)を奪われ、5-28と突き放される。その後、秋田NBは25分に⑩田村がPGを決め8-28としついて行こうとするが、前半終了間際の40分、自陣ゴール前、ブルーシャークスのラインアウトモールを押し込まれトライ(ゴール成功)を許し、8-35で前半を終了。 後半に入り、早い時間帯からトライを取りに行きたい秋田NBは果敢に攻めるがミスが多く、20分過ぎまでお互い得点が出来ない時間帯が続く。後半22分、均衡を破ったのは秋田NB、今シーズン加入した④テモがブルーシャークスゴール目前のラックから強引に持込トライ。(ゴール成功)15-35と20点差に詰め寄る。しかし、36分にブルーシャークスにダメ押しのトライ(ゴール失敗)を許し15-40となり万事休す。秋田NBは、40分に髙橋キャプテンが意地のトライ(ゴール成功)を挙げるが試合内容は完敗に終わった。

ニュース一覧