ニュース詳細

トップ > ニュース一覧 > 女子セブンスのプレアデス、国体出場決める!

女子セブンスのプレアデス、国体出場決める!

  • 試合結果
 女子セブンスの秋田県代表でふるさと選手1名を加えたプレアデスは、8月19日(金)・20日(土)青森市の新青森県総合運動公園球技場で行われた、平成28年度東北総合大会(ミニ国体)で、予選リーグを1位で通過。決勝トーナメントも、福島県との準決勝を2-0、決勝では青森県を28-0と危なげない勝利をおさめ、国体出場を決めました。おめでとうプレアデス!  また、成年男子セブンス秋田県代表で単独チームで臨んでいる秋田ノーザンブレッツは、20日(土)同球技場で行われたリーグ戦2試合で、2勝1敗の成績だった。宮城県代表との初戦は、運動量に勝る宮城県に対し前への圧力がなくボールを横に動かす攻撃が目立ち、ブレイクダウンで劣勢に立ち、0-27で敗戦となった。雷雨のため開催時間が遅れた、続く開催県の青森県との第2試合は、初戦でスクラムハーフ伊藤恭平を負傷で欠き苦しい状況であったが、初戦と違い個々がよく前に圧力をかけた攻撃を仕掛けた。前半5分、鋭く前に出るラインアタックから田村恒太が裏にパント。それを俊足の小笠原駿が追走し相手を追い越しインゴールで押さえ5-0と先制。7分には姉川隼が防御ラインの裏に出ると小笠原とアングルチェンジし、小笠原がこの試合2本目のトライ。ゴールも決まり12-0とリードを広げ前半を終了した。  後半に入り、秋田は追加点を奪うことができなかったが、相手の攻撃を粘り強いディフェンスでしのぎ相手を無得点に抑え、12-0で勝利した。 21日(日)の最終日は、12時から福島県、13時30分から山形県の2試合が行われます。いづれにも勝利すれば国体出場が決まります。皆様のご声援お願いします。 ※女子セブンス記録

ニュース一覧