ニュース詳細

トップ > ニュース一覧 > 【試合結果】釜石SWとのプレシーズンマッチは14-41で敗戦

【試合結果】釜石SWとのプレシーズンマッチは14-41で敗戦

  • 試合結果
8月27日(土)釜石市球技場で行われた「釜石ラグビッグドリーム2016」に参加した秋田ノーザンブレッツ(秋田NB)は、釜石シーウエイブス(釜石SW)と試合を行い、14-41(前半0-20)で敗戦となった。レギュラシーズン開幕戦で対戦する釜石SWとの前哨戦、開幕戦を占う大事な試合をほぼベストメンバーで臨んだ秋田NBだったが、不安を残す結果となった。 試合は、立ち上がり2分、釜石SWボールのキックオフをキープされたあとの連続攻撃からトライ(ゴール失敗)をゆるし0-5と先制される。その後、10分には秋田NBが釜石SWトライライン間近まで攻め込むがターンオーバーから一気にトライまで持ち込まれ2本目のトライ(ゴール失敗)を献上。0-10とリードを広げられる。24分、29分、いずれも反則から秋田NBは、タッチキックで自陣奥深くまで攻め込まれる。そこからのラインアウトモールを押し込まれ2トライ(ゴール失敗)され0-20で前半を終了する。 後半に入り先制したのは、秋田NB。8分、自陣10m左マイボールスクラムから右に展開。12トネが抜けだし14中村とつなぎ最後は15小笠原に渡りトライ(ゴール成功)。7-20とする。しかし、12分またしても自軍の反則から自陣奥深くまで攻め込まれラインアウトからのモールを押し切られトライ(ゴール成功)。7-27となる。後半に入り積極的に攻める秋田NBは、18分釜石SWトライラインまで5m中央ラックから10田村が右から左への移動攻撃を仕掛けそのまま抜け出しトライ(ゴール成功)。14-27となる。 追いすがる秋田NBだったが、27分にトライ(ゴール成功)を許すと、ロスタイムの43分には、またしても反則から攻め込まれ、ラインアウトモールによるトライ(ゴール成功)を許し、14-41で敗戦となった。 この試合、反則からのラインアウトモールで4トライを献上している秋田NB。自陣での反則を減らすことが勝利の鍵を握るようだ。 ❏釜石SW戦メンバー表 【入替=後半】 10分 7→19黒川 15分 1→17斉藤 19分 2→16崩 22分14→21奈良 29分 5→20松本 33分 3→18鎌田 33分 13→23姉川  

ニュース一覧