ニュース詳細

トップ > ニュース一覧 > Div.1第8節 ヤクルトレビンズ戦メンバー発表

Div.1第8節 ヤクルトレビンズ戦メンバー発表

  • プレスリリース
11月13日(日)あきぎんスタジアム(秋田市八橋)にて行われる、トップイーストリーグDiv.1 第8節 ヤクルトレビンズ戦のメンバーを発表します。 絶対勝たねばならないあと2試合、熱い応援をよろしくお願いします!! 秋田ノーザンブレッツ VS ヤクルト メンバー表 【 第8節 ヤクルトレビンズ戦の見どころ 】 前節で昨シーズン3位の東京ガスを破り波に乗る秋田ノーザンブレッツ(以下「秋田NB」)は、チーム目標の6位以上をかけヤクルト・レビンズ(以下「ヤクルト」)と対戦する。 ヤクルトは2012年にディビジョン1に昇格、その年度に6位という好成績を収め、それ以来安定した力でリーグを戦っている。攻撃の中心はフランカーのハミッシュ・パターソン、スタンドオフのレオン・エリソン、ウイングのトーマス・コックスといった外国人選手で、得点の多くをこの3人があげている。また、主要大学で活躍した日本人選手も多く、ブレイクダウンの強さと堅実なディフェンスが特徴の安定したチームだ。 一方の我らが秋田NBはヤクルトに昨年、一昨年と2連敗中。何としてもこの試合に勝利し、リベンジを果たしたいところ。今シーズンの秋田ノーザンブレッツはアタック力のアップに力を入れ、得点力が大幅に向上した。前節の東京ガス戦でも49得点をあげ、トライを取る力がアップしたことを見せつけた。 この試合、技術や体力より、前節の快勝におごらず気持ちを引き締めて試合に臨んでもらいたい。これまでも秋田NBは素晴らしい試合をした後に、悔しい敗戦を経験してきた。4年前の釜石勝利後のヤクルト戦の敗戦。3年前のヤクルト勝利後の日本IBM戦の敗戦。その悔しい負けを知るベテラン選手達は、是非とも若い選手たちにこのことを伝えてほしい。使い古された言葉ではあるが「勝って兜の緒を締めよ」である。選手たちのこの試合での一層の奮起を期待したい。

ニュース一覧